ヘッダー

Hérisson d'un jour(エリソン・ダン・ジュール)は山梨県甲州市勝沼町にあるフレンチレストランです。
茜マス、ワイン豚、ワインビーフ、国産ジビエ、山菜、天然茸、地の食材と山梨産ワインのマリアージュ。
渓流のせせらぎ、木漏れ日、野鳥のさえずりに包まれた小さな一軒家です。

写真1

甲斐市上芦沢産甲州ワインビーフ

甲州ワインビーフとは山梨県甲斐市の小林牧場で生産されているワインの絞り滓を配合した飼料を与えて育てた牛のことです。
ワインの絞り滓のほかトウモロコシ・オカラ・麦などの安心な飼料を食べて澄んだ空気と良質な水、恵まれた自然の中で健康に育てられています。
味わい深い赤身と旨味のある脂が楽しめるお肉です。 エリソンではディナーコースのメインディッシュやランチの煮込み料理やヒレステーキなどいろいろなお料理でご用意しています。

写真2
甲斐市の標高1000mにある小林牧場を訪ね、甲州市から1時間以上、かなり山を登って行きます。
写真3
小林社長のお話を伺ってきました。
この牛たちは全て雌だそうです。
写真4
広々とした空が気持ちがいいです。この土地で安心な餌と新鮮な水で健康に育てられている様子が良く分かりました。
写真5
広大な牧場には牛舎の他に堆肥センター等も設け循環型の農業に取り組んでいます。
写真6
子牛の頃から順番に牛舎を移り最適な環境で育てます。約5ヘクタールの敷地に14棟の牛舎が並んでいます。県内ではこの規模で生産しているところは他に無いそうです。
写真7
飼料は敷地内で配合します。ワインを搾って残ったブドウ粕や、トウモロコシ、オカラ、麦など、安心な飼料を食べて健康に、すくすく育ちます
写真8
お見送りは羊たち。夏になると敷地の雑草対策に活躍するそうですが、人懐っこくてスタッフの仕事の邪魔をしにくるのでちょっと困り者だそうです。

← 前へ  ■ 一覧へ ■ 次へ →

■ページを閉じる■