ヘッダー

Hérisson d'un jour(エリソン・ダン・ジュール)は山梨県甲州市勝沼町にあるフレンチレストランです。
茜マス、ワイン豚、ワインビーフ、国産ジビエ、山菜、茸、地の食材と山梨産ワインのマリアージュ。
渓流のせせらぎ、木漏れ日、野鳥のさえずりに包まれた小さな一軒家です。

写真0

北杜市高根産甲州頬落鶏(ほおとしどり)

甲州頬落鶏は山梨県北杜市高根の中村農場で生産されている銘柄鶏です。
山梨県畜産試験場が開発した、甲州地どりの雌とレッドコーニッシュ種の雄を掛け合わせた新しい銘柄鶏です。
甲州地どりに発育性に優れたレッドコーニッシュ種を掛け合わせることで、甲州頬落鶏は84日で出荷できる大きさになるそうです。それにより程よい弾力と旨味を持った肉質になります。
甲州地どりは強く引き締まった肉質で調理法が限られる事と、高価格のため料理の提供価格が高価になってしまうので使用していなかったのですが、甲州頬落鶏はその美味しさはもちろん、程よい食感で色々な料理に使える事などからエリソンのお料理で活躍しています。

写真1
中村農場は八ヶ岳の麓、標高1,050mの地にあります。
写真2
北杜市高根町にある中村農場を尋ね社長の中村努さんにお話を伺ってきました。1999年から養鶏を始め、今までありとあらゆる種類の鶏を飼って研究してきたそうです。
写真3
直売所から少し離れた場所に農場はあります。普段は衛生管理のため一般公開はしていないそうです。見晴らしの良い場所にたくさんの鶏舎やえさのタンクが並んでいます。標高は1000m以上、きれいな空気と水があります。
写真4
いくつも並ぶ小屋の中に鶏たちが居ます。中村農場では食肉用の鶏の生産の他、鶏卵の生産、鶏肉の処理も行っているそうです。これはかなり珍し事だと思います。すべてを自らの手で行う事で、最終的な製品の質まで管理できると言うのは安心なことではないかと思います。
写真5
出荷間近の甲州頬落鶏。比較的ふっくらとした体型をしているようです。程よい弾力と旨味のあるジューシーさが印象的です。肉質はキメが細かくてパサつかず繊細な食感。煮ても焼いてもモモ肉も胸肉も美味しく料理できます。
写真6
中村農場では他にシャモ×地鶏品種のオリジナル地鶏「甲斐路軍鶏」も生産しています。体型もぐっと引き締まり力強そう。肉質も弾力のある引き締まった味わいです。中村農場では現在のところこの二種の鶏と卵を数種類生産しています。

← 前へ  ■ 一覧へ ■ 次へ →

■ページを閉じる■