ヘッダー

Hérisson d'un jour(エリソン・ダン・ジュール)は山梨県甲州市勝沼町にあるフレンチレストランです。
茜マス、ワイン豚、ワインビーフ、国産ジビエ、山菜、天然茸、地の食材と山梨産ワインのマリアージュ。
渓流のせせらぎ、木漏れ日、野鳥のさえずりに包まれた小さな一軒家です。

写真1

山梨県甲州市マル神農園の無農薬野菜

エリソン・ダン・ジュールでは大半の野菜は地元の物を使用しています。
中でも、甲州市「マル神農園」は有機肥料だけを使った無農薬栽培を行っていて素晴らしく美味しい野菜を提供してくれています。
場所は甲州市塩山の神金地区。標高は800m以上で南アルプスが望める眺めの良い土地です。
マル神農園は2013年3月まで古屋農園として広く親しまれていました。
地域の朝市やお客様への直販など直接消費者とつながる農業をしているのです。

写真2
マル神農園の古屋聡さん(右)。
若き農業者です!二人のスタッフと共に野菜作りに取り組んでいます。
写真3
エリソンでも卵を使っている「黒富士農場」で生産されている鶏糞を発酵させた有機肥料を使って土作りを行っています。
黒富士農場では循環型の農業を目指し農家との連携にも取り組んでいます。
写真4
マル神農園の方針としては有機肥料を使った無農薬栽培、あとは作物を栽培する輪作の相性や混植の相性を研究し病気や害虫の発生を防いでいるそうです。
写真5
季節ごとの自然な味の野菜とシェフが出会い、エリソンの料理になって行きます……

← 前へ  ■ 一覧へ ■ 次へ →

■ページを閉じる■